読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac買ったしブログかく

ブログ書いてます 

歩いた

なんだか春の訪れを感じるような日だった。

小春日和。っていうのかな?わからないけど、とにかく暖かった。

 

僕の家は僻地にあるので、市内に行くには自転車で1時間半はペダルを漕がないといけない。ここ数ヶ月は寒い日が続いたから、汗なんてかかなかったんだけど、今日はすごかった。汗びっしょり、とまではいかないけど、汗ペチャペチャ みたいな そんぐらいにはかいた。今日はオーバーサイズのスウェットにキャップを合わせて、なんちゃってストリートスタイルででかけたんだけど、スウェットが汗でしみるぐらい。まあでも、暖かい日に体を動かすのは気持ちよかったから、よしとする。

 

市内に着いて、友達二人と合流した。ふたりとも僕の汗を見て 汗やば!!と、まあまあ月次な反応をした。すいません、汗かいてて。お昼を食べるぐらいしか目的がなかったから、その前にとりあえず、定期が届いてないか駅員さんに尋ねてみた。結果は、届いてないとのこと。ただ、夕方に忘れ物センターに届くかもしれないから、もう一度来てみてね と言われた。なかった時点で絶望感がやばかったけど、それでもまだ希望が残ってよかった。それから、お昼を食べようかって話になった。

 

丸亀でうどんを食べた。期間限定?なのかな、わからないけど、旨辛まぜ釜うどん みたいなやつを食べた。普通に美味しかった。良かったよかった 少しだけ高かったけどね。それでも普通に油そばを食べるよりは全然安かった。

 

その後は、市内をぶらぶらした。公園でブランコをした。3年ぶりぐらい。漕いでいるだけで疲れて、思わず体力の衰えを感じた。それから、漕いでる途中に隣に小さい、小学4年生ぐらいの男の子がやってきて、無言で並走した。何だったんだあの雰囲気。面白かった。声かけられなくてごめんね、小さいことの接し方がよくわからないんだよね。

 

カフェも行った。ちょっと高かったけど、美味しかったし雰囲気も良かったから満足した。ジンジャーエールを飲みながら、ちょうど持ってきていたよしもとばななさんの、キッチンを少しだけ読んだ。ばななさんの本をよむのは初めてだったけど、すごい文章を書くな、と思った。もちろん悪い意味ではなくて、僕達が日常生活をする上で感じるちょっとした些細な感情を、的確に表現していた。浮遊感。透明感。鬱々感。すげえ!!!とちょっと興奮して友達に読んであげたら、お前の声で読まれても感動しねえよ。と言われた。たしかにそうだよね、すげえ!!

 

ちょうど時間もいいところだったので、僕は友達をおいて一人カフェをでた。向かった先は、そう、忘れ物センター。あるかな?ないかな?と不安な気持ちで向かう。大学の合格発表と同じぐらい緊張してた。盛った。ちょっとだけ緊張してた。で、結果としては、なんと定期が届いていた。すげえ!!日本すげえ!ありがとう日本人!まあ、日本人が届けてくれたなんて確証はないけど。

 

とにかく歩いた。運動した。けどその分食べてるから痩せはしないんだろうな。ダイエット、しないと。モテるために。

 

突然ですがみなさんは、一日に立ち止まった信号の数を、場所を、覚えていますか?もし覚えているなら、すいません、気持ちが悪いです。普通覚えてないですよね。けど今日、これはなかなか忘れないな。っていう立ち止まりがあったんですよ。まあ特に面白い話でもないんだけど。

 

その時、その信号機の周りにはざっと10人近くの人がいたと思う。信号機の周りにいる人の考えてることはみんな一緒です。青になったら渡ろう。これ結構すごいと思う。思想統制。怖い。 で、僕の前にはトレンチコートを着た、若い、きれいな女の人が立っていた。ああ、きれいだなあ と見ていると、その人は急に向いている方向を180度変えて、ああそこにあったのね、とでもいうかのように、少し焦りながら、郵便ポストに手紙をいれた。なんでかしらないけど、その一連の動きが可笑しかった。郵便物を持ちながら街をブラブラするのも少しおかしい気がするし、今まで気づいていなかった郵便ポストに気づいた瞬間に、なんの躊躇にもなく手紙をいれるのもおもしろい。出す手紙があるなら、出す場所もある程度把握してるでしょ、普通。でもその人はきれいない人だったから、ああ、少し天然なのかな、かわいいな、と思ってしまった。単純ですね。

 

明日から大学の講義が始まる。ちょっとだけ不安があるけど、まあ頑張っていこうと思う。辛くなったら友達に頼ります。持つべきものは友です。駄文でごめんなさい。おつぽ!!